住宅ローンの特徴

住宅ローンは住宅、または住宅用の土地を購入することを目的とするローンです。住宅ローンには民間のものと公的なものの2種類があります。

まず民間の住宅ローンですが、銀行や信託銀行、提携ローン、社内融資などがあります。銀行や信託銀行は金利も固定・変動・全期間固定など様々なのが特徴です。 銀行によって金利優遇キャンペーンなども行なっていますので、それらをうまく利用すれば金利を下げることもできます。 提携ローンは住宅会社が金融機関と提携して行うローンのことです。借り入れ金額は住宅購入金額の80%までとなっています。審査も比較的通りやすく、 お金を借りやすいが特徴です。社内ローンには2通りあります。まず会社が直接融資する場合は年齢や勤続年数などによって貸付金額が変わります。 もう一つは利子を補給するという場合ですが、借り入れに対して一定の割合で利子補給を行います。

一方、公的な住宅ローンには住宅金融支援機構と財形住宅融資などがあります。住宅金融支援機構は「フラット35」と呼ばれるもので、 長期間固定金利で借り入れができます。原資は国の財形融資基金ですが、取り扱いは民間金融です。財形住宅融資は、 財形貯蓄を行なっている勤労者に対して、財形貯蓄残高に応じて住宅購入資金を融資するものです。勤務先または金融機関にて借り入れができます。

 

[金利情報サイト]
当サイトで住宅ローンの固定金利、変動金利について基礎を学んだら、いよいよ実際の銀行の住宅ローン金利を比較検討するこちらのサイトで調べてみましょう ⇒ 住宅ローン 金利


キャッシングやカードローンなどの融資サービスを調べることが出来る情報サイトです ⇒ 融資 情報